MENU

乳酸菌が酒さに効くって本当なのか?

酒(しゅ)さってご存知ですか?
酒さとは鼻を中心とした顔面の血管が拡張して、顔全体が赤くなる症状のことをいいます。
赤ら顔といわれることもあります。

 

 

酒さの原因は不明といわれていますが、敏感肌の人がなりやすく、乾燥やアルコールなどの刺激によって悪化しやすいそうです。
治療法としては抗生物質の投与やレーザー治療などがありますが、原因がわかっていないために確実な治療方法はありません。

 

 

しかし最近になって、乳酸菌のひとつである乳酸菌抽出物LFKという成分が酒さに有用性があるということが分かってきたみたいです。
聞いたことがない成分ですが、どんなものなのでしょうか。

 

 

乳酸菌抽出物LFKは、乳酸菌であるフェカリス菌を酵素で分解したものです。
ビタミンやミネラル、核酸などが豊富に含まれており、体内環境を整える作用があります。
「乳酸菌の王様」と呼ばれるほどのはたらきが認められ、日本で6種類もの特許を取得しているほどの成分なんだそうですよ。

 

 

乳酸菌抽出物LFKは腸内環境を整え、善玉菌のはたらきを助けます。
腸内は免疫の大部分を担っている部位のため、腸内環境が整うことによって悪性物質が体内に取り込まれにくくなり、酒さの症状を改善したのではないかと考えられています。

 

 

実際に乳酸菌抽出物LFKを摂取した患者さんの72%が症状に改善が見られているということですので、治療のための研究も進んでいるとのことです。
乳酸菌は薬ではありませんし、副作用が起きないことからも、安全で効果が期待できる成分として注目されているようです。

 

 

最近自分の顔が赤くなっているように感じている人は、もしかすると酒さかもしれません。酒さは進行性ですので、放置しておくと悪化する可能性があります。
気になる人は早めに乳酸菌抽出物LFKを摂取しておくと良いかもしれませんね。
最近ではカルグルトなど、この成分を配合した商品がありますので、気になる人は一度チェックしてみてはいかがでしょうか♪

 

 

関連ページ

乳酸菌はダイエットの強い味方です!
乳酸菌はダイエットの強い味方です。ダイエットの大敵・便秘を解消する乳酸菌を積極的に取り入れましょう!
アトピーで悩んでいる人には乳酸菌がおすすめな理由
乳酸菌がアトピーに効く理由は?アトピーを緩和したい人には乳酸菌がおすすめです♪